大分差し歯.インプラント,入れ歯なら藤原歯科医院


         大分 藤原歯科医院 藤原歯科の新しいHPができました
<左側にメニューバーが表示されてない場合は、ココをクリックして下さい>
AGCガルバノテクニックとは
(保険適応外)
2005年8月、当院の技工室に導入しました。

ある意味では、オールセラミックより、ずっと優れています。
これまでの技工物・作製方法である鋳造ではなく、
全く新しい電鋳という方法なのです。
誰が作っても、隙間なく、均一な適合が得られます。

「なーんだ、金属焼付ポーセレンだと思われた あなた、
ちょっと違います。」
インプラント上部構造の参考例です。
ゴールドの部分をAGCで作ります。
その上に白い陶材(ポーセレン)を焼き付けます。

AGC エレクトロフォーミング(電鋳) 
〜AGCクラウンの利点
審美性 ゴールドの温かい色調が審美性に優れ、
天然歯のように美しい歯牙のベースになります。
通常のメタルのように歯肉辺縁の黒ずみが
ありません。
・低アレルギー性

純金を使用することにより、
アレルギー反応の発生が軽減されます。
内面が99.9%の純金のため
生体親和性に優れています。 
・歯質の保存 従来の支台歯形成より少ない削除量で
おこなえますので、
患者さんの歯質を守ることができます。 
・精度 AGCテクニックによって最適な適合精度
および最適なマージン適合性が
得られることが科学的に証明されています。
・耐久性 1986年よりAGCエレクトロフォーミングに関する
信頼できる臨床結果があります。

【AGC エレクトロフォーミングテクニックの適応症
・シングルクラウン(ポーセレンセラミック
・テレスコープクラウン(コーヌス義歯には最適です
・インプラント上部構造
・ブリッジ
・金属床



大信貿易HPの「AGCガルバノテクニックとは」より

最初のページに戻る
藤原歯科の新しいHPができました
藤原歯科医院 〒870-0104 大分県 大分市 南鶴崎1-3-13 
電話 0975-527-2455 FAX 0975-527-2457
インプラント治療|歯科治療|審美歯科|ホワイトニング|大分|鶴崎
Copyright2003.FujiwaraDentalOffice.