大分虫歯予防なら藤原歯科医院


  大分 藤原歯科医院 藤原歯科の新しいHPができました
<左側にメニューバーが表示されてない場合は、ココをクリックして下さい>
治療した歯がしみるのですが、

次の理由が考えられます。

1,治療前に、すでに、むし歯が深く、
かなり歯髄に近いところまで進行していた場合。

完全に治療を行おうとすると、悪い部分を完全に
取り除かなくてはなりません。
その結果、どうしても神経に近いとことまで削る結果となり、
治療後に軽い痛みが出たりします。

2,歯の治療時の熱や振動の刺激が残っているため。

修復材料として、特に金属製の物を使用したような場合、
熱伝導によるものがあります。
(具体的に言うと、金属は熱を伝えやすいので、
金属の詰め物や被せ物は、入れた当初は、しみるかもしれません。

3,(歯の治療と直接は関係ありませんが、)
歯肉の退縮のため歯根露出によって、しみることがあります。

いずれにしても、歯髄を取ることなく、歯髄を生活したまま残す治療法を
行なったような場合、
治療中の機械的刺激、歯髄保存のために使用する薬剤の刺激など
によって、治療後も、しばらく痛みが取れなかったり、
冷たい物、熱い物がしみたりすることがあります。

ただし、これも二次象牙質ができれば、だんだんと、しみなくなってきます。 
しみやすい状態がしばらく続くと、歯は神経を守ろうとして、
神経を囲むように新しい象牙質を削られた部分の直下に作り、
それが、だんだんと厚くなってくるのです。これが二次象牙質です。
これができあがると刺激が神経に伝わりにくくなり、しみにくくなってきます。


                                                       
(イマジネス・デオストランデーより引用)

しみなくなるまでの期間は、歯の状態や人によって、
1〜2週間から数ヶ月ぐらいまで様々です。
特に熱いもの、冷たいものをできるだけ避けて、
あまり神経質にならず、気長におさまるのを待ってみて下さい。
そのうち自然にしみなくなってくることが多いです。

しかし、あまり長く一ヶ月以上も過ぎてまだ違和感があったり、
しみ方が、あまりにひどく苦痛を伴う場合には、
遠慮せずに歯科医院に尋ねてみて下さい。
やむを得ず神経を取らないといけない場合もあります。


最初のページに戻る
藤原歯科の新しいHPができました