広島の杉原先生の床矯正の説明
(リンクさせていただいている広島市杉原歯科医院より
許可をいただいて載せています。)
床矯正とは

床矯正とは、あごを拡げて歯を並べる『保存』の立場に基づく
画期的な矯正です。

床矯正は基本的に歯を残すことを前提に矯正を考えます。
歯の治療の基本は口腔外科、補綴(ほてつ)科、保存科の3つの
違った治療科目の立場があります。

口腔外科は手術をすることを基本としています。
補綴は歯を作ることを基本としています。
保存できるだけ歯を残すのが基本の考えです。

歯列不正は保存的の立場では顎が小さいから歯が並べないと
考えます。
そこで、顎を拡大して歯と顎の大きさとのバランスを保ちます。
歯が並ぶのに必要な正しい大きさに顎を拡げなければ歯を抜かずに
矯正ができます。


床矯正について 

1935年ウィーンの歯科医師Schwarz・シュワルツが顎を拡大する
床矯正〔しょうきょうせい〕の基礎を樹立しました。
床矯正装置を床〔Schwarz・シュワルツの〕矯正とよびます。
床矯正は主にヨーロッパで行われた治療法ですが、
アメリカの治療法を主とする日本では主流の治療法ではありません。
日本では可撤式床矯正(かてつしき・しょうきょうせい)と呼びます。
食事の時や発音障害など必要時には装置を取り外せます。
4才の幼児から成人・高齢者まで治療ができます。


床矯正のメリット 

早期治療ならば10万円から治療できる。
子供の永久歯は1本も抜かずに矯正します。
装置は取り外し可能です。
どんな年齢層の方でも治療が可能です。

床矯正装置は2の可徹式装置の一種です。
利点は、取り外しができることです。
痛かったり、都合の悪い時には外しておけます。
しかし、これが欠点となります。
歯科矯正治療は痛みを伴う治療なのですが、
ちょっと痛いからと言って外していると、全く治りません。
(当たり前) 治療の確実性という意味から言えば、
非常に不確実な装置です。

もうひとつ欠点としては、歯のコントロールが厳密にできません。
たとえば、「この歯の頭を2.5ミリ表側に出して、
根っこを1.5ミリ後ろにずらそう。」なんてことはできません。


☆基本的には

 子供の歯並びを治す時など、今後仕上げをする予定があるとか、
治療の精度を求められない時には使用することがあります。

 また、歯の本数が減った成人において足場(固定源)の確保が
できない場合は使うことがあります

治療期間について
1 装置を付けている時間
歯列不正(歯並びの悪さ)の程度と咀嚼訓練(噛む練習)の
結果によって異なります。
顎の拡大は、一ヶ月に1mmを目標とし、歯の移動は一週間に
1mmを目標にします。


2 観察の期間

歯列不正の程度と咀嚼訓練等の結果によって決められます。


3 咀嚼訓練、筋機能訓練について

別に指示します。

通院回数について
1 装置を付けている期間
1〜3回/月程度の受診
(ただし、特殊な場合や頻回のクリーニングが必要な時は、
こまめな受診の指示がある時もあります。)


2 観察の期間

1回/3〜6ヶ月程度の受診

治療費について
1 検査、診断料(資料含む)>>>\15,000
2 治療費>>>1装置につき>>>\60,000
(ただし、拡大スクリューが1個増えるごとに>>>\10,000アップ
ただし同じ目的での装置の追加は1装置につき>>>\30,000
アップ

3 調整量>>>\700〜2,000/回


一般的に歯並びの問題は、顎が小さく歯が並びきらない場合に
おこります。

従来の方法ですと、歯を抜いて顎の大きさとの調和をはかります。

床矯正では、歯を抜くのではなく、正しい顎の大きさに顎を拡大します。
そして、歯を正しい位置に移動させます。


では、どのような方法で、行うのでしょうか?

取り外しのできる矯正装置(入れ歯とほぼ同じ構造です。)を使い、
歯を動かしたり、顎を広げたりします。
基本的には、1方向の移動しかできません。
顎を広げる装置、歯を押し出す装置といくつか組み合わせて
治療します。


いつ頃始めればいいの?

乳歯の頃から行えます。
早ければ、早いほど早期に治療が終了します。


どのくらいつけているの?

基本は、1日中です。但し、食事・ブラッシングの時は、外します。


手入れはどうするの?

装置は、入れ歯と同じ素材です。市販の義歯の清掃剤を使用しても
結構です。
ブラッシングの時に歯磨き剤でブラシをしてください。


痛みは、あるの?


移動による痛みは、ほとんどありません。大丈夫です。


費用は、どのくらい?

自由診療ですが、あまりかかりません。数万円から、行えます。


困ることは、あるの?

入れている間少し話づらいかもしれません。音楽や、国語の時は、
はずしてもかまいません。


床矯正【非抜歯】10万円から
10万円から矯正治療が出来る!
(歯は抜かない、床装置は取り外し可能)

歯列不正・・・(顎と歯の大きさの不一致から生じます。)
犬歯が生えてしまうと、治療が大変になります。!!!
・・・(治療期間と治療費が3〜5倍以上にもなるって事です。)
犬歯は、9歳後半〜11歳までに生えてきます。

◇◆つまり遅くとも犬歯が生えるまでに治すべきです。◆◇
(重症・複雑なケースは、外科矯正のことも含めて
専門医をお薦めします。)



戻る