大分 藤原歯科医院 藤原歯科の新しいHPができました

唾液検査とは?(保険適応外)

唾液検査(CRT)とは、
口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)の数や唾液の量を調べる事により、
虫歯に対する抵抗力を測定する検査です。
検査は簡単です。
その日のうちに結果が出ます。
・患者さんのお口の中が虫歯になりやすいか
どうか、判定できます。
・口の中の虫歯の原因菌の数や虫歯に対する
抵抗力が分かります。
ガムを噛んで、唾液を出していただきます。
それだけで、以下の3つを調べることができます。
・唾液分泌量
・虫歯の原因となるミュータンス菌の数
・唾液緩衝能
*唾液緩衝能とは、
虫歯に対する抵抗力がどのくらいあるかを調べます。
お口の中は、通常pH6.0〜7.0の中性状態ですが、
食べ物がお口の中に入ると急激に酸性に傾き、
虫歯菌が活発に活動しやすい状態になります。
この酸性状態を中和しようとする働きが
唾液にはあり、これを緩衝能といいます。
虫歯になりやすいと判定された方は、 
できるだけ早く環境を変えることをしていきましょう。
当院も、そのお手伝いをします。
唾液がとても大切な機能を持っているのを、
ご存知ですか?

歯をとりまく唾液には、様々な働きがあり、
むし歯や歯周病から私たちを守ってくれています。
下に挙げた他にも、消化作用、排泄作用、
潤滑作用、味覚や水分調節作用など
全身の健康にも大きく関わっています。

・歯の保護作用
・殺菌/抗菌作用作用
・緩衝作用
・歯の再石灰化作用
・希釈洗浄作用
・免疫作用
むし歯は、
いろいろな条件が
そろって、できます。

どうして、自分より
甘いモノを食べるのに、
歯磨きしないのに、
むし歯になりにくい人が
いるのか、この図から
わかっていただける
でしょうか?

唾液については、NHKのためしてガッテンでも取り上げられました。
現代病! ドライマウスの恐怖(2004年8月4日放送)
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2004q3/20040804.html

むし歯や唾液について知りたいかたは、GCむし歯のHPを御覧ください。
http://www.mi21.net/musiba/faq/index.html
最初のページに戻る

藤原歯科の新しいHPができました