虫歯の母子感染に関する絵本の紹介
いなばこうじ「どうしてわたしにはムシバがないの?」より、

どんなバイキンが、お口の中に巣を作るのかということが大事なことです。
約1歳から3歳ぐらいまでの間に巣の主役となるバイキンが決まります。
むし歯を防ぐには、むし歯の原因となるミュータンス菌を口の中に入れなければ
いいのです。
しかし、現実にはそう簡単にいきません。
キスや噛み与えスプーンを介して、
知らず知らずの間にお母さんのバイキンが赤ちゃんの口の中に住みついて
しまうのです。
(お母さんが一生懸命に歯磨きして、お口の中のバイキンを減らすのは非常に
意味のあることです。)

ミュータンス菌を口の中に入れないということは、簡単なようで、とても難しいこと
なのです。

あきらめてはいけません。もう一つの方法があります。

3歳までに赤ちゃんに甘いお菓子やジュースをあげないことです。
3歳までというのは、赤ちゃんの口の中に、バイキンが巣を作る期間なのです。
早くから、赤ちゃんに甘いお菓子やジュースを与えていると、
ミュータンス菌がどんどん増えていくのです。
それでは甘いものをやらないとどうなるのかというと、
別のバイキン、むし歯を作る能力のないバイキンが口の中の巣の主役になるのです。
そういうバイキンが住み始めたらもうほとんどむし歯の心配はありません。

赤ちゃんからは、自分から甘いモノが欲しいとは言いません。
甘いモノは、隠して手の届かない所に置いておけばいいのです。
それは、赤ちゃんを、むし歯から一生守ってあげる非常に偽性的で貴い行為
なのです。
甘いモノを覚えたら最後、甘味は強烈ですから、この先すっとお菓子を欲しがる
ようになります。
エスカレートすると、お菓子ばかり欲しがって、3度の食事がおろそかになるかも
しれません。

母親、父親だけでなく、祖父母や近所のかたにも協力してただくことが大事です。

(と書かれています。
しかし、自分で子育てして分かることですが、これも容易なことではありません。
あまり神経質になりすぎると、人間関係を壊してしまう恐れがあります。
ポカリスエット・アクエリアスなどのスポーツ飲料をダラダラと与えて習慣化
してしまうのは、私は反対です。
でも、病気などで体力が落ちたときに水分・糖分を補給するためには、
とても良い飲み物です。
子供は1食に多くの分量を食べることができません。おやつなどで補給しないと
いけません。
お菓子、甘いもの、砂糖という言葉に過敏になりすぎないでください。

第3の方法として、歯科医院に定期的に来院して、フッ素を使うという方法がある
わけです。)


「この本を、アマゾンで検索してみました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886295452/qid=1088536477/sr=1-1/re
f=sr_1_10_1/250-1736792-5359422
(アドレスが長いので、すべてを含んでいないとNot Foundになる恐れがあります。)
当院の待合室にも置いています。どうぞ御覧ください。」

戻る
最初のページに戻る