大分 藤原歯科医院 藤原歯科の新しいHPができました

16,フッ素は危険では?

「フッ素の摂取と安全性・効果については、50年以上にもわたる
専門学会や専門委員会、政府、各種の国際機関および
国際的な保健機関の特別協議会において
幾度となく再評価され、評価されています。」
と説明されても、みなさん、よくわからないでしょう。

実は、日本では、ごく一部の根強いフッ素に反対する人たちのために、
ほとんど普及していません。
その結果、日本は、いまだに世界の中で最もむし歯の多い国の一つ
に数えられています。

ごく一部の根強いフッ素に反対派は、
専門書だけでなく、一般の人も目にするモノに、あることないこと
書いています。
(適切なフッ素の使用濃度や量に触れたりせず、また、
全く別の種類のフッ化物と混ぜこぜにして述べていたりします。)
特に、☆★関係に携わる人たちが目にする本にも書いています。
ですから、むし歯予防にじゅうぶんな効果を持つフッ素である
にもかかわらず、他国のように広まりません。

(一度、信じてしまった人の考え方を訂正するのは、
とても骨の折れることです。)


どんな薬でも、また、たとえ食物でも一時期に大量に摂取すると
体に害を及ぼすことがあります。(それは事実です。)

 フッ素は体重20kgのお子さんでは急性中毒量
(大量に摂取して吐き気がしたりする量)は40mgですが、
フッ素洗口剤の場合、一回分7ccのフッ素量は、
1.75mgしかないので、
間違えて一回分のうがい液を全部飲み込んでしまっても、
中毒をおこすことはありません。
(ほら、また、中毒とか書くと、直ちに危険だと思って、
引いてしまわれるかもしれませんね。)
しかし、不必要な量のフッ素を摂取し続ける事を避けるために
吐き出す事を確認してください。
また、液を吐き出した後、口のなかに残るフッ素の量は、
お茶1〜2杯分に含まれるフッ素の量と同じですので、
うがいに関して問題はありません。
ぶくぶくうがいをして吐き出す事ができないお子様のためには、
歯ブラシにうがい液をつけて磨く方法もあります。


キシリトールの本場フィンランドでも、むし歯予防の基本は、
食生活指導&フッ化物の応用です。
フィンランドはキシリトールで虫歯を減らしたのではないようです。
(しかも、キシリトールは高い。
本当にキシリトールガムで虫歯予防しようとしたら、
年間数万円かかるそうです。
フッ素洗口なら年間数千円です。)


H16年8月末、福岡歯科大の境教授のお話を聞きに行きました。
その時に、同じことを質問してみました。


これでもまだ納得できない方は、以下の
フッ素によるむし歯予防関係のホームページを御覧ください。

日本むし歯予防フッ素推進会議

宮崎県地域保健活動推進協議会     

山本武夫先生のホームページ

長崎フロリデーション協会


納得できない方は、別に、フッ素を使わなくてもいいです。
もしかしたら別の方法があるかもしれません。
(私たちの考え方を無理やり押しつけたりしません。
説得したりしません。できれば自ら気づいて欲しいとは思っています。)
でも、どんなに歯ブラシがうまい人でも、
完璧に磨ける人なんていません。
フッ素を使わないなら、歯科医院で定期的メンテナンスを
受けたほうがいいでしょう。
(最近、歯科界で話題となっているバイオフィルムのこともあります
ので。)

フッ素が危険と思う人は、グリーンコープの歯磨き剤などを
使うといいです。
今では、市販の歯磨き剤でフッ素が入ってないモノを探すのが難しい
くらいです。
すでに、日本では77%の歯磨き剤にフッ素が入っています。

フッ素を使っていただける方は、
できればフッ素配合の歯磨き剤よりも、歯科医院のフッ素洗口剤
をお薦めします。
効果が違います。
(フッ素配合の歯磨き剤を使用後、水で過度なうがいをすると、
フッ素の効果が、ほとんどなくなってしまいます。)

フッ素洗口をすれば、絶対にむし歯はできない
という訳ではありません。
(でも、うまくいけば、むし歯を作らなかった子供達もたくさんいます。
たぶん歯ブラシに頼る方法より、たやすいことでしょう。)
こちらも読んで下さい。
当院のHPより、むし歯を防ぐフッ素洗口

TBSの朝のテレビ番組「はなまるマーケット」の
H16年の6月放送分で、
フッ素について、とても、わかりやすく説明していました。
当院で見ることができます。スタッフにお申し付け下さい。

2005年2月27日(日曜)、トキハ会館にて、
大分県歯科医師会主催で、一般の方を対象とした
フッ素のお話がありました。


最初のページに戻る
藤原歯科の新しいHPができました