大分 藤原歯科医院 藤原歯科の新しいHPができました

13,外傷で抜けた歯は、牛乳につけて
歯医者さんに持っていくものなのでしょうか?
歯を牛乳につけて、すぐに歯医者さんに持っていくと、
元通りになるかもしれません。

(ただし、永久歯に、はえかわる直前の乳歯は無理でしょう。
生えたばかりの永久歯は元通りになる可能性が高いです。
とにかく歯医者に持ってきて下さい。)

歯の歯茎の下の部分は骨に埋まっています。
直接、骨に結合しているわけではなくて、
間に歯根膜という結合組織が介在しています。
歯根に付いている歯根膜が生きていると、再植の予後が良い
と言われています。
だから乾燥させないように、牛乳に漬けると良いそうです。
もっと良いのは医療用の生理食塩水ですが。
そんなもの普通の家庭になさそうなので、
害が無くて、浸透圧などが一番近いのが牛乳だそうです。

牛乳に漬けたまま、その歯を持って、早めに歯医者に行って下さい。


もう少し詳しい解説を見つけてきました。

「脱落歯の治療とキーポイント」

脱臼の中でも歯が完全に抜けてしまうような場合を脱落とよびます。
脱落は、すぐに手当てをすれば歯を助けることができます。
たとえば、A子さんはソフトボールが顔に当たり前歯が2本抜けました。
しかし、すぐに歯医者さんで元に戻してもらい、歯が助かりました。
 外力により歯が抜ける場合、歯根膜のほぼ中央で断裂が起きます。
すなわち、歯根膜の半分は、歯についたまま抜けます。
ここで大切なのは、抜けた歯が助かるかどうかは、
この抜けた歯についている歯根膜が生きているかどうか、
にかかっているということです。
もし、いきていれば歯を元の骨の穴(抜歯窩)に戻す(再植する)
ことにより、歯は再び機能を回復します。
また、歯の根っこの先が、まだ完成していない歯では、
再植後に神経が生き返ることがあります。
 歯根膜は乾燥に弱く、口の外では、およそ30分ぐらいしか生きて
いません。
したがって、歯が抜けてから30分以内に歯医者さんに元に戻して
もらうか、自分で戻すことが重要です。
 歯根膜を長く生かしておくためには、抜けた歯を口の中に
入れておくか、牛乳の中に漬けておくのが最良です。
こうすることによって、歯根膜を数時間生かしておくことが可能です。





スタッフのアドバイスに戻る
最初のページに戻る
藤原歯科の新しいHPができました