乳幼児を歯磨きにならしていく良い方法
乳幼児を歯磨きにならしていく良い方法として、
「口指あそび」という方法があります。

 0歳の頃から、子供の体をよく触り撫でてあげます。
頬のあたりに人差し指にちょんちょんと触れ、ついでに、
楽しく声を出します。
次に、モシモシと言いながら、唇に指で触れてやります。
子供が笑ったら、唇の間に指を入れてみます。
指を口に吸ってくれたら、下唇を指でリズミカルに撫でます。
それから、まだ歯の生えていない、歯茎の土堤を触り、
上唇のほほの粘膜をそっとなぜます。
子供がベロで触ってきたら、クックッと笑って応えてあげます。

こういうことを繰り返すうちに子供は、口に関わってくれることを、
楽しみに待つようになります。
いざ、歯が生えたときには、喜んで口の清掃を受け入れてくれる
でしょう。
結果的に、指しゃぶりの防止になります。
口へのじゅうぶんな刺激と親との楽しい交流で満足した子供は、
わざわざ自分の指を口に入れる必要がなくなるからです。

1歳半検診で、歯磨きをやりなさいと指示された母親が、
子供の開いた腕をお母さんの太ももで抑えつけたりして、
子供を貼りつけの刑にして、歯磨きをしているのを見ると悲しくなる、
と筆者は書いています。
忙しいお母さんが、そうしたくなる気持ちも、じゅうぶんに、
わかりますが。

(参考文献は、岩倉政城著「指しゃぶりにはわけがある」です。)




↓ 小さいお子さんのための清掃用具の紹介です

指サックにブラシがついてます

取っ手が丸くて短いので安心

指に巻くガーゼ

海外には抜けた乳歯を大切に保管するという習慣があります。
戻る

最初のページに戻る