かむと上の入れ歯が落ちる
噛むと上の入れ歯が落ちる
(総入れ歯の前歯で噛み切る方法)

義歯(特に総義歯)は構造上、自分の歯のように
前歯で噛もうとすると、図Aのように、
義歯の奥が浮き上がり、上の義歯が落ちてくることがあります。

その対策として、ある程度、大きくて堅さのある物を噛む時は、
糸切り歯(犬歯)より奥で噛むとよいでしょう。

(前歯でガブッと、リンゴをまるかじりしようとするより、
ひとくち大の大きさに切り、奥歯ですりつぶすようにして
食べるのがよいでしょう。)

義歯を入れて長い人などは、慣れてくると、
前歯で噛み切っているようですが、
その多くは、図Bのように、
舌先で下の義歯をおさえると同時に、
舌の奥で上の義歯をおさえて、義歯が浮かないようにして
噛んでいます。

舌で義歯をおさえるこの方法をマスターすれば、
前歯でも噛み切ることができるでしょう。

        
器用な患者さんだなと、こちらが感心させられるような舌使いを
されるかたもいらっしゃいます。
舌と口輪筋にはさまれて、入れ歯はバランスを保って、
はずれないんです。その舌と口輪筋のトレーニングって、
重要だと思います。

もちろん、かみ合わせがフラフラせず決まっていることも、
義歯の安定のためには重要なことです。

「治療用暫間義歯」「パタカラ」をおすすめします。

「家族といっしょに義歯でおいしく食べる」山田晴子・赤堀博美著
(女子栄養大学出版部)より
戻る