虫歯だけではない歯の病気
 先日行った歯科検診で驚いたことは、鶴崎高校の
半数以上の生徒に、歯石がついているということです。 
 歯石がついているということは、
歯周病(歯ソーノーロウ)が徐々に進んでいる
ということです。
 みなさんは、歯周病を「大人の病気」と思ってる
かも知れませんが、鶴高生徒にもたくさんみられます。
 
 歯周病の初期は、歯ぐき(歯肉)の炎症から
始まります。よく見ると歯ぐきの一部が赤くなっており、
歯を磨いたときや指で押すと出血します。
また、口臭を伴うこともあります。
無症状に進行することも多く、やがて歯を支えている
骨に炎症がおよび、歯がぐらついてきて
最後は、歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気
です。
 
 歯周病の原因は、歯垢と歯石です。
歯垢とは、いわゆる歯クソのことで、これが
硬くなったのが、歯石です。
歯垢は歯ブラシでも取れますが、歯石は取れないので、
かかりつけの歯科医院で早めにとってもらいましょう。
 
 いつまでも自分の歯でおいしく食べるために、
口の中を清潔にして、歯垢がつかないようコントロールし、
虫歯.歯周病を予防しましょう。
 
 悪いところがある人は、早期に治療を受け、
来年の検教時には、進歩がみられるようにしましょう。

     文責   校医  藤原恵作
 
戻る