鼻呼吸のすすめ( 慢性的口呼吸の影響
  について )
“皆さんは、鼻呼吸ですか?口呼吸ですか?”  
 人は呼吸を無意識におこなっています。 ほとんどの人が、
「自分は鼻で呼吸している。」と思っているのではないで
しょうか。

 ところが、無意識のうちに口呼吸をしてしているという人が
かなり多く、日本人の半数以上が口で呼吸をし、
小学生以下に至っては、8割が口呼吸をしている状況
だということです。
口呼吸とは、鼻咽頭腔(鼻からのどをでるまで)が狭まられ、
正常な鼻呼吸ができない為に、口で呼吸を行うことを
言います。

 その原因は、解剖学的素因〔 顔の形・口蓋(うわあごの
形態)・咬合不全など〕鼻咽頭腔を塞させるような疾患
( 副鼻腔炎、鼻炎、鼻中隔彎曲、アデノイド肥大など )、
習慣性が指摘されています。
口呼吸すべてが悪いわけではありませんが、
長期にわたって慢性化することに問題があります。

 そして、その慢性的な口呼吸が、さまざまな病気の
原因となっている可能性があることが指摘され、
注目を集めています。
“口呼吸は、なぜいけないの?”
全身の問題 

  鼻腔(鼻の穴)の中には、吸気を加湿し、温め
さらに除菌する目的があり、口で空気を吸うと、
空気中の細菌は、容易に身体の中に侵入してくるために、
喉の感染症にもかかりやすくなります。
また、浄化されない、冷たい、乾燥した空気が吸入される
ために、気道組織が損傷される可能性も考えられます。
  このように口呼吸はのどだけでなく、下気道( 気管・肺 )
にまで影響を与える可能性があります。
むし歯・歯ぐきへの問題

  むし歯・歯周病(歯槽膿漏)は、お口の中の細菌が
原因です。 
 口で呼吸を続けていると、口の中のある部分は、
つねに乾いている状態になり、唾液によっての細菌の活動
などが抑制しきれず、口臭・歯肉の炎症の原因やむし歯の
リスクにもなります。
歯並びの問題

  口が開いている時間が長いと口の周りの筋肉が
緩みがちになります。 この口で呼吸する習慣が、
口の周りの筋肉の緊張感を損ない、歯並びを悪くする
要因のひとつになっています。
それは、口で呼吸し続けるには、下あごを下げ、
舌を前下方へ位置させ、頭 を後ろに傾けることから
起こります。
また、口による呼吸法がゆがんだ姿勢をとり、
このゆがんだ姿勢が顔のかたちや顎の発育にも
悪影響を与えてしまいます。顔の発育は遺伝だけ
ではなく、環境の影響を受けやすいのです。
その他の問題

 就寝時に口呼吸だと口を開けていることとが多くなり、
舌の位置がノドの方に下がるために、
いびきをかきやすくなり、ひどくなると
睡眠時無呼吸症候群(舌が下がると気道を塞ぎ、
無呼吸の状態となる)の原因にもなります。
 口呼吸をしていても自分では気づかない場合も
多いので注意が必要です。
もしも口呼吸の習慣が、あるなら、意識して口を閉じ、
鼻で息をするようにしましょう。
 先ずは口呼吸をしているか否かを自己診断して
【鼻呼吸】を実践してみてはいかがでしょうか?
 歯科なのに呼吸の話が出てて不思議に思う人も
多いと思いますが、口呼吸は口や歯にとっても
大変都合が悪いことなのです。
鼻やのどに問題のある場合は、上手に
鼻呼吸できないことが多いようです。
耳鼻科を受診した方が良いかもしれません。
鼻呼吸に役立つ医療器具(パタカラ)
 口呼吸をやめて、鼻呼吸ができるようになるために、
役立つ医療用器具があります。
その名も 「パタカラ」 
詳しくは、このHPをご覧ください。

http://www.patakara.com/
(開いたページの赤丸をクリック、
右上の「ユーミー」をクリックしてください。)

http://www.nadic.jp/image/w-16.html

「パタカラ」は、5000円。高いのか?
継続は力なり!使い続けるほど効果がわかる。

1.口呼吸を鼻呼吸へと誘導する。

2.唾液の生理的機能が発揮され、
  歯周病・虫歯・口内炎に効果
  唾液が少なくて口腔乾燥を感じられる方にも(ドライマウス)。
  口臭の軽減

3.のどの炎症も改善しアトピー性皮膚炎も軽減
  されていくと思われます。

4.ボケや痴呆症の予防と治療にも効果が期待
  されています。
  (脳梗塞後の口もとの片マヒのリハビリなどに)

5.口唇閉鎖力が強化されると睡眠時の舌根の沈下
  が予防でき、イビキ睡眠時無呼吸症候群
  の改善にもつながります。 

6.かみ合わせの安定に
  矯正治療中、治療後に。
  入れ歯が安定しない方へ。

7.表情筋のストレッチ効果によって小顔になるかも
  しれません。

なお、当院では、説明書には載っていない
パタカラの使い方の指導を行なっています。
戻る