母親から赤ちゃんに、
むし歯が感染する
ウ触は、ミュータンス菌が生後月齢19から31ヶ月
(1歳半から2歳半)の間に唾液を介して感染する外因性の
感染症であるという事が最近の統一見解のようです。

(この時期に感染をするのは、まず歯が生えてこないと
感染しないという事と、
子供の免疫力が低いからだと言われています。)

キスや口移しでも感染しますが、離乳食のスプーンによる感染
多いようです。

ミュータンス菌の母子感染ですが、母親のミュータンス菌のレベルを
下げておくと感染しにくく、ミュータンス菌が少ないと
カリエスリスクが下がります。

なにも感染予防の為に、親子のスキンシップを止める事を推奨はしてるわけではありません。
しかし、歯垢ベットリの口腔内のままでは、やめてほしいものです。

子供の虫歯を防ぐには、まず両親の口腔衛生指導から
行わなければ、意味がありません。
いくら口移し防止を行っても、効果はありません。
「口移しやスプーンを別々にしているのですが」と言われる
保護者の方は多いのですが、
両親が歯垢ベットリの口腔内のままでは、困ったものです。
食生活を聞くと、まず保護者自身の高頻度の間食、夜食の習慣が
改善されていません。
親が間食しているのに、子供に食べるな、では教育効果はありません。

ぜひ、妊娠安定期の歯科健診をおすすめします
(産まれたら、忙しくて、それどころではなくなりますから。)

戻る